広島県でおすすめのフロアコーティング業者ランキングTOP11!口コミや評判を徹底比較!口コミで人気の業者を厳選しました。

フロアコーティングを長持ちさせるコツについて詳しく解説!

公開日:2022/11/15


住まいのフローリングをきれいに維持してくれるフロアコーティングですが、せっかく施工するなら長持ちさせたいと考えるものでしょう。毎日触れるフローリングだからこそ、きれいに維持できれば気分よく過ごせます。そこで本記事では、フロアコーティングを長持ちさせるコツやNG行動について解説します。

フロアコーティングの耐用年数

フローリングをきれいに維持できるフロアコーティングですが、部屋がきれいで明るくなる、ワックスがけが不要になる、転倒防止になるなどのメリットもあります。このようにさまざまなメリットのあるフロアコーティングですが、コーティング剤を選ぶときは耐用年数という言葉知っておく必要があります。

耐用年数とは、フロアコーティングを施工してからどのくらい持つのかという期間を表したものです。コーティング剤は大きく2種類に大別でき、水性系コーティングと油性系コーティングがあります。

水性系コーティングは有機溶剤を使用していない塗料であり、安価で耐用年数は短いものが多いです。ウレタン・アクリルコーティングなどがあり、3~5年が一般的な耐用年数です。

一方、油性系コーティングは耐用年数が長いのが特徴の一つです。種類としては、シリコンコーティングやガラスコーティング、UVコーティングなどが挙げられます。油性系コーティングが種類によって価格や耐用年数に差があり、手頃なのはシリコンコーティングでしょう。シリコンコーティングは耐用年数が5~10年となっており、価格が安いのがポイントです。

さらに、ガラスコーティングは耐用年数が長く、20年以上となっています。ガラスコーティングという名前を聞くとピカピカの仕上がりになるイメージがあるかもしれませんが、仕上がりの質感を選べるのが魅力です。そして、摩擦や熱にも強いUVコーティングは、耐用年数が20年以上となっています。一度施工すると長期間メンテナンスが不要となり、安全性が高いのでお子さんやペットのいる家庭の採用率が高いという特徴があります。

フロアコーティング後にするべきではないNG行動

フロアコーティングの施工が完了し、きれいなフローリングを見たらできるだけ長く状態を維持したいと考えるものでしょう。施工が終わったら何もしなくても状態を維持できるというわけではないので、適切なメンテナンスが必要です。ただし、そこで間違った手入れをすると、かえって状態を悪化させてしまうケースがあります。たとえば、水性系に分類されるアクリルコーティングは、水に弱いという特徴があります。そのため、何度も水拭きをしてしまうと、コーティングが剥がれてしまうのです。

また、ウレタンのコーティング剤や薬剤に弱いため、アルカリ性の洗剤で手入れをするとコーティングが剥がれます。つまり、よいと思って行なっている手入れがかえって状態を悪化させてしまうケースがあるのです。コーティング剤によって適切な手入れの方法は異なるため、コーティング剤の種類を考慮して手入れをしましょう。

フロアコーティングを長持ちさせるためには?

フローリングを長持ちさせるコツの一つは、床を傷つけないことです。床に物を落とさないように気を付ける、ひっかき傷がつかないように心がけるだけでも長持ちさせられます。また、子どもが床の上で遊ぶ場合は、マットを敷いたところで遊ぶようにするのもおすすめです。さらに、フローリングに直接家具を置くのではなく、マットを敷いたり、カバーを取り付けたりするようにしましょう。意識的に動かしていなくても、家具が直接床にあたるだけで多くの傷がついてしまいます。

さらに、コーティング剤に合った手入れをすることも大切です。何もしないと少しずつコーティングが剥がれてしまいますが、適切な手入れをすればコーティングが剥がれにくくなります。とはいえ、コーティングの種類によって薬剤に弱かったり、水に弱かったりするので、特性を理解したうえで手入れの方法を選択することが重要です。コーティング剤に記載されている耐用年数はあくまで目安であり、フローリングの使い方や手入れによって持ちが大きく変わります。せっかく高額な費用をかけて施工をするなら、少しでも長持ちするよう施工前にポイントを押さえておくのがおすすめです。常にきれいなフローリングを維持できれば、気持ち的にも余裕が持てるでしょう。

まとめ

フロアコーティングは、コーティング剤の種類によって耐用年数が異なります。一般的に、耐用年数が長い塗料ほど高額になりますが、その分、一度施工すると長期間きれいな状態を維持できます。ただし、耐用年数というのはあくまで目安のため、ポイントを押さえれば状態を長く維持できます。たとえば、家具にカバーをつける、床に物を落とさないといったことを心がけるだけでも、コーティングの持ちが変わります。せっかく高額な費用をかけて施工をするなら、少しでも長持ちするようポイントを押さえておきましょう。

【広島県】おすすめのフロアコーティング業者ランキング

イメージ1
2
3
4
5
会社名YUKAPIKA森のしずくエコプロコートS-STYLEグッドライフ
おすすめポイント地元に根差し、高品質・高い技術・アフターフォローも万全コーティング業界ではじめての30年無償保証フロアコーティング業界でもっとも長い実績ありお客様目線でのサービス展開6つのフロアコーティングから選べる
詳細リンク
見積もり依頼見積もり依頼はこちら見積もり依頼はこちら見積もり依頼はこちら見積もり依頼はこちら見積もり依頼はこちら

おすすめ関連記事

サイト内検索
フロアコーティングコラム