広島県でおすすめのフロアコーティング業者ランキングTOP11!口コミや評判を徹底比較!口コミで人気の業者を厳選しました。

フロアコーティングは意味ある?フロアコーティングの必要性と種類別の特性をご紹介!

公開日:2024/05/15

?

フロアコーティングは、住居の美観と機能性を高める重要な手段です。本記事では、フロアコーティングの必要性、種類、施工プロセス、そして乾燥期間について詳しく解説し、住居に最適な選択をするためコツを紹介いたします。フロアコーティングに興味がある方は、ぜひ参考にしてみてください。

フロアコーティングの必要性とメリット

フロアコーティングは、住居の床を長期間にわたって保護し、美しさを維持します。

新築住宅はもちろん、既に住んでいる家にも適用可能で、床の素材や質感を長く保つことができます。床が日常的に受ける摩耗や傷、汚れから保護すると、掃除の手間を大幅に削減し、家のメンテナンスコストを低減します。

とくに、家族が多い家庭やペットを飼っている家庭では、床の汚れや傷が目立ちやすく、定期的なメンテナンスが必要になりますが、フロアコーティングを施すことでこれらの問題を軽減できます。さらに、フロアコーティングは部屋全体の雰囲気を明るくし、空間をより広く感じさせる効果があります。

光を反射する性質を持つコーティング材は、部屋を明るくし、より快適な空間を作り出します。また、滑りにくい表面を提供することで、子どもや高齢者が安全に過ごせる環境を作り出せます。これは、とくに滑りやすい床材を使用している家庭にとって最適です。

経済的な観点からも、フロアコーティングは長期的な投資として非常に優れています。初期投資はワックス掛けよりも高いかもしれませんが、その耐久性とメンテナンスの容易さを考慮すると、長期的にはコストを節約できます。

フロアコーティングの種類とそれぞれの特性

フロアコーティングには、ガラスコーティング、UVフロアコーティング、シリコンフロアコーティング、ウレタンフロアコーティングなど、さまざまな種類があります。以下でそれぞれの特性を紹介します。

ガラスコーティング

ガラスコーティングは、その名の通り、ガラスのような硬質な塗膜を形成します。

このコーティングは非常に耐久性が高く、20年以上の長期にわたって床を保護できます。傷や汚れに強く、とくに高い耐摩耗性を持っています。また、ガラスコーティングは光沢が控えめで、自然な見た目を保ちたい方に適しています。しかし、硬質なため、滑りやすさや剥がれやすさに注意が必要です。

UVフロアコーティング

UVフロアコーティングは、紫外線を照射して瞬時に硬化する最新技術を用いたコーティング方法です。

施工時間が非常に短く、養生期間がほとんど必要ありません。耐久性や耐摩耗性に優れており、忙しいスケジュールの中でも施工が可能です。ただし、このタイプのコーティングは他の種類に比べてコストが高くなる傾向があります。

シリコンフロアコーティング

シリコンフロアコーティングは、滑りにくさと柔軟性が特徴です。

小さな子供やペットがいる家庭に適しており、安全性を高めることができます。また、シリコンコーティングは耐水性や耐薬品性にも優れており、キッチンやバスルームなどの湿度が高い場所にも適しています。ただし、光沢が高いため、傷や汚れが目立ちやすい点には注意が必要です。

ウレタンフロアコーティング

ウレタンフロアコーティングは、比較的低コストで施工が容易なため、広く普及しているコーティング方法です。

耐摩耗性に優れており、日常の使用に十分な強度を提供します。また、ウレタンコーティングは温かみのある仕上がりとなり、住宅の内装に自然に溶け込みます。しかし、耐久性は他のタイプに比べてやや劣るため、定期的なメンテナンスが必要になることがあります。

これらのフロアコーティングの種類を理解することで、自宅の床材の種類、家族構成、ライフスタイル、予算などに合わせて、最適なコーティングを選択できます。各コーティングにはそれぞれのメリットとデメリットがあり、自宅の状況やニーズに最も適した選択が重要です。

フロアコーティングを選ぶ際には、これらの特性を考慮し、長期的な視点で床の保護と美観を維持するための最良の選択をおこないます。

フロアコーティングの施工と乾燥期間

フロアコーティングの施工プロセスは、選択したコーティングの種類によって大きく異なります。

一般的には、床の清掃と下地処理から始まり、コーティング剤の塗布、乾燥というステップを踏みます。施工時間は、面積の広さやコーティングの種類によって変わりますが、多くの場合、1日程度で完了します。しかし、大きな面積や複雑な形状の部屋では、もう少し時間がかかることもあります。

乾燥期間は、使用するコーティング剤の種類に大きく依存します。油性コーティングの場合、揮発性有機溶剤を含むため、強い臭いが発生し、十分な換気と数日間の養生期間が必要になります。この期間中は、床を歩いたり、家具を置いたりは避けるべきです。

一方、水性コーティングは安全性が高く、臭いも少ないため、乾燥期間が短く、施工後すぐに部屋を使用することが可能な場合もあります。UVフロアコーティングのような特殊なコーティングは、紫外線を照射して瞬時に硬化させるため、乾燥期間が非常に短いのが特徴です。これにより、施工後すぐに通常の生活に戻ることができます。

施工後の乾燥期間中は、床の表面が完全に硬化するまで、重い物を置いたり、激しい摩擦を避けることが重要です。また、とくに油性コーティングの場合は、乾燥期間中に部屋の換気をおこない、有害な蒸気の蓄積を防ぐ必要があります。完全に乾燥して硬化した後でも、しばらくは床を慎重に扱うことが推奨されます。

フロアコーティングを計画する際には、これらの施工時間と乾燥期間を考慮し、生活スケジュールや家具の配置計画に影響を与えないことが重要です。適切な計画と施工により、長期間にわたって床の美しさと機能性を保つことができます。

まとめ

フロアコーティングは、床の保護と美観の向上に大きく貢献します。種類によって特性が異なるため、自宅の状況やニーズに合わせて適切なものを選ぶことが重要です。施工と乾燥期間には注意が必要で、計画的に進めることで、長期間にわたり床を美しく保つことができます。フロアコーティングは、快適で安全な住環境を実現するための賢い投資といえます。

 

 

【広島県】おすすめのフロアコーティング業者ランキング

イメージ1
2
3
4
5
会社名YUKAPIKA森のしずくエコプロコートS-STYLEグッドライフ
おすすめポイント地元に根差し、高品質・高い技術・アフターフォローも万全コーティング業界ではじめての30年無償保証フロアコーティング業界でもっとも長い実績ありお客様目線でのサービス展開6つのフロアコーティングから選べる
詳細リンク
見積もり依頼見積もり依頼はこちら見積もり依頼はこちら見積もり依頼はこちら見積もり依頼はこちら見積もり依頼はこちら

おすすめ関連記事

サイト内検索